スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すみません。結局、ノーパン社会を実現することはできませんでした。


[広告 ] VPS
男時代の回想も含めて、わずかに男声らしさが感じられる女声を作ってください。
難しければ、女声でお願いします。

(指示)は、アドリブでつくっていただく音です。
☆部は、怪物のあえぎ声(女声)です。入っている文字は仮のもので、適当に変えていただいて構いません。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

夏祭りの夜のことです。
友達のケーコ、ユカ、ハルミと夜店を回り、お酒も入って、楽しくグダりながら人混みに流されていたら、思い切りはぐれてしまいました。

人が多すぎて、探し回っても見つけられる可能性はゼロに近く、また電波がパンクしているのか、ケータイもつながりません。
すぐ帰るのもつまらないとその辺をウロウロしていたら、神社の裏に出てしまいました。

神社の裏。
やはりこういう場所には、不可思議な引力のようなものがはたらいているのでしょうか。
そこには……、何というか「怪異」としか形容しようのないモノがありました。

空中の何もないところに、ポッカリと穴が空いていたのです。
何だこれ? と、間抜けにもその穴に近づき、のぞき込んだところ……。

すぽん! と食べられてしまいました。
穴に。

ああ、どうせなら。性欲をもてあましたカプが我慢できずに、同時多発エロ行為に勤しんでいるような、そんなのを見たかったのに。
怪物に、喰われてしまうなんて。

しかも、テレパシー? で心も通じてしまいましたよ。これ、何てエロゲです?
ソレが主張することには、先ほどの「穴」は異次元の本体につながっている口で、喰った人間の精は吸い取って養分とし、用が済んだら吸い殻は元の世界に戻してくれるのだそうです。

我ながら、どうしてこんなに冷静でいられるのでしょうか?
多分、おそらく、間もなく死ぬでしょうに。
まったく、お酒の力は偉大ですね。

☆ああっ、ああっ、ふぁ、あああ。ぅうん、あぐっ、ひゃ……あ、あ。いや、いや、ぁひゃぐぅ、あ、あ、あっ、ああッ! ……あああああ、ぁぉ、おっ、おんあ!? えっ、あっ、あっ、あっ、あっ、……ひゃ、あ、あぐっ、あああああ~。

ははっ、走馬燈の上映が始まりましたか。
これは、中学の思い出ですね……。

ある朝、登校途中。
イタズラな風が前を行く女子生徒のスカートをまくり上げ、少女のパンツが丸見えになってしまったことがありました。

ぱんつ。パンツですよ。
小学生の時分に、隣のユカちゃんが見せてくれた子どもパンツとは一線を画する、お洒落パンツでした。

色はグレーだったように記憶しています。
まあ大人の女性が穿くパンツ、そのレベルには達していませんでした。
でもどうせなら、スカートのみならずパンツまでめくれてしまえば良かったのに。

昔はパンティーとか、ショーツなどと呼ばれたこともあるそうですが、まあ女性の秘めやかなゾーンを覆い隠す邪魔な布きれであることは、各時代を通じて共通の認識であったのだと思います。いえ、パンツの価値も認めてはいますよ?

ただ、ぼくはその中身に対して並々ならぬ興味を抱いており、風でまくれてきゃー! などと奇声をあげるくらいならそもそもスカートなど穿かなければいい。むしろパンツも取り去って、すべての若い女性がおっぴろげて生活するようになればいいとさえ思っていました。

当時のぼくはこの素晴らしいアイデアにとりつかれ、昼夜を問わずどうにかして社会制度を変革できないか、革命を起こすためにはどうすればいいのか。そればかりを考えてしました。

サルのようにね。

ふふっ、懐かしい思い出です。
おや、次は高校の……。

☆へう、ああっ、ああっ、あああ。何、この男、すごい……。ああっ、タップリ、注がれちゃ、染められちゃう~。やぁ、流されちゃう、受け入れちゃう。突き、奥ま、掘アッ! メ、えあ、えぁ、へぇぁ、……まだ出て、あぅ、熱い~~。

そうそう、休み時間はすべて寝たふりで過ごしていましたね。
昼食はひとり、屋上で摂っていました。

屋上はぼくのサンクチュアリであり、また周囲の人間どもにもそれは周知されていたとみえ、高校生活3年間を通して聖域を汚そうとする輩はついに、現れませんでした。
いえ、一度だけありましたね。

そうそう、このときです。
購買や学食などという世俗のものにとんと疎かったぼくは、一袋三十円のパンの耳をむしっていました。飲み物は牛乳でした。

あなたは知っていますか? 無加工のパンの耳は、なかなかノドを通りません。
五本、十本程度なら余裕なのです。しかし高校生男子の旺盛な食欲を満たすためには、その数倍の分量を摂取する必要があります。

ぼくが苦労してパンの耳を胃に詰め込んでいたとき、何かが視界の隅に入ったのです。
それは、端をくくられた、水風船のようなもので。

ハッキリ言いましょう。
使用済みコンドームです。

高校の屋上に、しかもぼくのパッ、パラダイスに、このようなものがなぜ落ちているのか。
ぼくは世の不条理に憤りつつ、念のためその物体を手にとって、……分析、してみました。
この表側が、女性の性器に密着していたわけですね。

……イチゴ味?
いえ、味のことはこの際不問にしましょう。
しかし、この中に封じ込められている汁、これは問題です。

誰かが射精した。コンドームを使ってオナニーを試みる者ももちろんいるのでしょうが、そうではないとぼくの第六感が知らせています。
男同士でも使うことがあるというデータなど、クソ喰らえです。

女性の中は、イチゴ味らしい。それが判っただけでも大収穫です。
ああ、美しい青春の思い出よ。ぼくの人生の最後を飾るに相応しい、グッドな走馬燈に感謝を。

☆らめ、らめ、らめ、らぇ! はあん、あん、あん、かぅ! そんな、そんなっ。このまま、ずっとされ、ぅんあっ! 気持ち、きもっ、あはん。変わる、うまっ……れ、変わっちゃう!? あぐっ、いや、いや、頭が、ああっダメ、またイカさっ……こんなの、無い!!

化け物はいわゆる「触手」のメスだそうですが、ぼくの身体には満足していただけているようですね。
さすがに、身体がだるいというか、終わりつつある自分を実感しますが……。

☆き、きゃあ、あ、ああ、ああ~。熱い、暑い、はぁああ、ああ、うっ、いやぁ~。ひゃあぁぁ、はぁぁぁ、また、イク、イカされちゃうのぉ~。

大学卒業と同時に家を出て、男の肉体をフルに使って貯めたお金で性転換手術を受け、ホルモン注射なども続けた結果、外面的には立派な女性になりました。
内面は、まだ少し、自信がないのですが。

今日も、ナイスミドルな課長にお出しした緑茶の、湯のみを下げたあと、給湯室でそれをペロペロと、固くて素敵な課長の……中に残っていた数滴も余さず舌でなめとって、ああっ、課長、素敵です、あンっ! (ぴちゃぴちゃ、となめる音)課長の、苦いです……。

☆ううっ、ううっ、ううぅうン。ひゃら、やら! イクの、やぁら~! もう、ダメ、耐えられない! おかしくなる、おか、ひくら~る~。壊れ、人間に、壊されちゃう~。……ああああああ! はぁぁぁあぁ! あう、あぐっ、がはっ、え、まだ? そんなっ! 

……もうそろそろ、命の火が消えそうです。なぜか判ります。
死ぬんですね。

ぼくの脳裏に、田舎の両親の顔が浮かびます。
すみません。
結局、ノーパン社会を実現することはできませんでした。

すべての若い女性がパンツにまつわる悩みから解放される、新しい……、ちょっと待ってください。このままぼくが死んで、現世に死体が放り出されたら。両親は息子が急死したことを悲しみ、また息子が娘になっていた驚きで、どうにかなってしまいませんか?

両親のために、ノーパンツレボリューションのために。
ぼくは、このまま死ぬわけにはいかないんです。そうなんです!

くっ、かかってこい、化け物!
エロゲ仕込みのハイパーテクを全・解放して、お前を昇天させてやるっ!

オレ達の戦いは、これからだ!!
関連記事

1ページに表示される記事数の制限について

1ページに3つ以上の音声(動画)を貼り付けた場合、環境によってはページの表示に異常な時間がかかったり、音声(動画)が表示されない現象が確認されております。
当面の回避策として、1ページに表示される記事数を2つまでに制限させていただいております。
なお、音声(動画)の表示が省略されるページについてはこの限りではありません。

メッセージを送られる方へ

お送りいただいたメッセージは必ず拝見させていただいておりますが、すべてにお返事を差し上げることができません。誠に申し訳ございません。
またスパム対策のため、いただいたメッセージは第三者へは公開されない設定とさせていただいております。何卒ご了承ください。

FC2動画のコメント スパムだけでも、結構な負担が……。

今後の予定

新規コンテンツの追加はお約束できませんが、準備中の作品がいくつかありますので、そのうち公開するかも知れません。

今後の予定 (Texpo.)

「テキスポ (Texpo.)」へテキストを再登録することも考えましたが、再登録時に他のアカウントで登録されたコンテンツへ影響を及ぼした事例が報告されていたこともあり、データの残骸を削除した上でリセットいたしました。今後については未定です。

「イタズラ妖精とエロエロ魔法使い」のメモ

ところで、「人間にひとつ『心からの幸せ』を与えられたら、それをもって成人したと認める」というのは二通りの解釈が可能ですね。

「すみません。結局、ノーパン社会を実現することはできませんでした。」の紹介

ユニークな持論を展開する元男性のひとりごとがメインの表題作ほか、短編を収録。

「狙われた研究所員のDNA ~テロリストに犯される研究員たち~」について

ある研究所が、女性のみで構成された正体不明のテロリストに急襲され、あっけなく占拠されてしまうというお話です。彼女たちの目的は、優秀な研究員の遺伝子を採取し、本国へ持ち帰ることだというのですが……。そもそも事件発生から4時間以内にテレビ中継が可能な場所にある普通の建物で、1週間近くも籠城するのは無理っぽい。武器や装備に関するあれこれとかも超ご都合主義。脱出ルートの確保も絶望的で、科学考証も考えるだけムダという酷さ。だいたい、作中で使われている「遺伝子」という言葉も使い方からしておかしい。なぜ精子と卵子に執着するのか。その割に、現地で適当に掛け合わせて受精卵をつくっているような描写もあるし。……まあ、エロい言葉を並べておけば目的(?)は達成できるかな、とか。
お気に入り(ブクマ)に追加

QR
シリーズ別まとめ
  1. 激痛.com のイメージ キャラクターを使った Web マンガ (2)
  2. イタズラ妖精とエロエロ魔法使い (7)
  3. 妄想日記/臼見ヤコ (4)
  4. 妄想日記/人形目覚まし (10)
  5. 狙われた研究所員のDNA ~テロリストに犯される研究員たち~ (5)
  6. 処女ののの (2)
  7. ネットラジオのようなアレです。 (3)
  8. 短い9景 (2)
  9. 未分類 (10)
最新記事
検索
このサイトについて
NIVOSIdE 名義で「テキスポ (Texpo.)」サイト上にて公開していたテキストがシステム障害により失われたのを受け、急遽開設したミラーサイトです。
最終更新日も含め、オリジナルの情報を再現するように努めました。
リンク(順不同)

すべての記事を表示する
最新記事の RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。