スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1夜


[広告 ] VPS
前回同様、本を読み聞かせる風でお願いします。
女の子のセリフは、最初の一言、二言くらいまでは照れが入るものの、それ以降は感情が乗って、入り込んでいる感じで入れてください。

地の文で「キモオタ」と「男の子」が混在しています。
これは、本来「キモオタ」と書かれているところを「男の子」と読み替えるはずが、話に入り込みすぎて読み替えを忘れているという設定です。

また、文中で「オタこの子」となっている部分がありますが、これもオタクと男の子の読み替えに失敗して、混ざってしまったものです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

「うえぇぇぇぇぇぇん。誰かぁ、誰か助けてぇ~」
小さな妖精の女の子は、ロリコンで童貞のキモオタ……男の子に捕まってしまいました。
「ああっ、ぅおっぱい、だめっ、やぁっ、触らないで!」
キモオ……男の子の目の前には、いままで想像の中でしか自由にできなかった女の肉体があります。
その小さな身体は、本物の女を味わったことがない男の子にとって、どす黒い欲望のすべてを満たしてくれる素晴らしい玩具だと、そう思えました。
「やだ、ぱんつ返して! だめ、そんな……ふぅ、ぅわっ、ああぁっ」
小さな妖精の女の子は、自分の何倍も大きな人間の力の前になすすべなく、服を脱がされ、下着もはぎ取られ、身体を隠すものはもう、何もありません。

妖精の女の子は、必死で助けを求めて、叫びます!
「助けて、誰か、助け(絶叫)ひぃやああっ! いや、いやああ~あぅっ!」
しかし、普通の人間は妖精の姿を見ることができません。どんなに叫んでも、その声が誰かの耳に届くことは決してないのです。

(素に戻って)妖精に仲間はいないのかしら――?

「ふぅ、ぅわっ、ああぁっ、そんなとこ、なめないで。なめな……あふぅ、ふぅ、わああ、ぅああ~」
女の子は、全身をくまなく――特に、恥ずかしいところを重点的に――隅々まで見られ、触られいじられ、なめ回されて、恥ずかしくて、惨めで、それ以上に怖くて。
かわいそうな女の子は、泣き叫ぶことしかできません。
「(全身をオタになめ回されて、もみくちゃにされる女の子の泣き声。うめき声)」
はじめて見る女の子の一糸まとわぬ姿に、キモオタの仮性包茎チンポはこれ以上ないというほどに固く、勃起しています。
『そうだ、この子をチンコに巻き付けてオナニーしたら、たいそう気持ちいいに違いない』
男の子は性器を露出させると、独特の臭気を放つそれに、小さな妖精の女の子を無理矢理抱きつかせて、その上から、手で、押さえつけました。
女の子の目の前には尿道口があり、既にトロトロとした、粘着液があふれ出ていました。
「うぇっ、なにこれ!? ううっ、くさい、くさいよ~。血管、脈打ってる!? ぃゃっ気持ち悪い! お願い、やめて、こんなのイヤ~!」
男の子は叫び声を無視して、ぬっちゃぬっちゃと妖精をオナホール代わりに使います。
「やだっ、ぃやだっ、やだっ、やだっ、キモ……くさいっ、何か出てきた! 何これ、ヌメヌメする~。ぎもぢわるい~」
ぐちゅ、ぐちゅ、ぐちゅ……。
女の子がもがくたび、それが新たな刺激となって、ペニスは喜びに打ち震えるのです。

「(顔に精液が直撃し、溺れそうになっている)ふぃぇ、ぇぁ、ぁぁぁぁあああああ~っ!」
ついに、男の子の射精が始まりました。
どぷっ、どぷっと、次々に吐き出される濃厚な汚液が、女の子の顔に、身体にも、容赦なく浴びせられます。
「(声にならない悲鳴、泣き声。長い長い射精が終わるまで、しばらく続く)」

――急に、静かになりました。
「?」
女の子は、のどの奥まで入り込んでいた精液の固まりを何とか飲み下すと、顔に厚い膜を作っていたそれを手でぬぐい、おそるおそる、キモオタの顔を見上げました。
残り汁の噴出が続く肉棒の向こうに、放心しているらしいキモ……男の子の顔が見えました。
「――いまだ! いつもみたいに魔法を使って、人間をビックリさせて、……早く逃げなきゃ! (ペニスに両手を当てて)えいっ、電気でビリビリ、しびれちゃえ!」
妖精の魔法が、しおれはじめていたペニスを直撃しました。しかし、女の子を捕まえている手の力は、まだ緩みません。
「ビリビリ、ビリビリ! もっともーっと、しびれちゃえ!」
男の子の身体が、びくり、と震えました。
『うわあぁ~! もっ、こっ、い、イクぅ~っ!』
チンポの先から、熱い精液がまたドバドバと吹き出してきて、小さな女の子を襲います!
「(絶叫)あああぁっ、ぃああああっ、……あっ、いやあああああああ~!」
『すっ、すごいぞ。こんなに気持ちいいオナニーは初めてだ。この子を使えば、まだまだ楽しめそうだ』
「(しばらく絶叫したあと、気絶)」

「(うめき声。意味のある言葉が出て来ない)」
先ほどあれだけ出したというのに、男の子の仮性包茎チンポがまた、ギンギンに勃起しています。
男の子はその後も、肉オナホや、他にも思いつく限りのことを、妖精で試しました……。
女の子のお口に、未熟な性器に、お尻の穴にも、汚らしいザー汁をまぶした綿棒を挿入。
洗面器に張ったぬるま湯にくぐらせて、身体をきれいにしたと思ったら、くさい息を吐く口いっぱいにほおばったり。
「(意味のある言葉が出ない)あう~、うー、ぅわんくぅ、はぁぅ、ぁぅ、ぁぁぁ」

『うあっ、また出るっ!』
「(力なく)ああっ、はあっ、あっ、ぁぁ、ひゃぁ……」
そのまま夜になり、やがて朝を迎えても、キモオタの《実験》は続きました。
妖精の女の子が全身に浴びた精液は、乾く暇もありませんでした。

(アドリブで、あえぎ声、泣き声、うめき声など、お願いします)
関連記事

1ページに表示される記事数の制限について

1ページに3つ以上の音声(動画)を貼り付けた場合、環境によってはページの表示に異常な時間がかかったり、音声(動画)が表示されない現象が確認されております。
当面の回避策として、1ページに表示される記事数を2つまでに制限させていただいております。
なお、音声(動画)の表示が省略されるページについてはこの限りではありません。

メッセージを送られる方へ

お送りいただいたメッセージは必ず拝見させていただいておりますが、すべてにお返事を差し上げることができません。誠に申し訳ございません。
またスパム対策のため、いただいたメッセージは第三者へは公開されない設定とさせていただいております。何卒ご了承ください。

FC2動画のコメント スパムだけでも、結構な負担が……。

今後の予定

新規コンテンツの追加はお約束できませんが、準備中の作品がいくつかありますので、そのうち公開するかも知れません。

今後の予定 (Texpo.)

「テキスポ (Texpo.)」へテキストを再登録することも考えましたが、再登録時に他のアカウントで登録されたコンテンツへ影響を及ぼした事例が報告されていたこともあり、データの残骸を削除した上でリセットいたしました。今後については未定です。

「イタズラ妖精とエロエロ魔法使い」のメモ

ところで、「人間にひとつ『心からの幸せ』を与えられたら、それをもって成人したと認める」というのは二通りの解釈が可能ですね。

「すみません。結局、ノーパン社会を実現することはできませんでした。」の紹介

ユニークな持論を展開する元男性のひとりごとがメインの表題作ほか、短編を収録。

「狙われた研究所員のDNA ~テロリストに犯される研究員たち~」について

ある研究所が、女性のみで構成された正体不明のテロリストに急襲され、あっけなく占拠されてしまうというお話です。彼女たちの目的は、優秀な研究員の遺伝子を採取し、本国へ持ち帰ることだというのですが……。そもそも事件発生から4時間以内にテレビ中継が可能な場所にある普通の建物で、1週間近くも籠城するのは無理っぽい。武器や装備に関するあれこれとかも超ご都合主義。脱出ルートの確保も絶望的で、科学考証も考えるだけムダという酷さ。だいたい、作中で使われている「遺伝子」という言葉も使い方からしておかしい。なぜ精子と卵子に執着するのか。その割に、現地で適当に掛け合わせて受精卵をつくっているような描写もあるし。……まあ、エロい言葉を並べておけば目的(?)は達成できるかな、とか。
お気に入り(ブクマ)に追加

QR
シリーズ別まとめ
  1. 激痛.com のイメージ キャラクターを使った Web マンガ (2)
  2. イタズラ妖精とエロエロ魔法使い (7)
  3. 妄想日記/臼見ヤコ (4)
  4. 妄想日記/人形目覚まし (10)
  5. 狙われた研究所員のDNA ~テロリストに犯される研究員たち~ (5)
  6. 処女ののの (2)
  7. ネットラジオのようなアレです。 (3)
  8. 短い9景 (2)
  9. 未分類 (10)
最新記事
検索
このサイトについて
NIVOSIdE 名義で「テキスポ (Texpo.)」サイト上にて公開していたテキストがシステム障害により失われたのを受け、急遽開設したミラーサイトです。
最終更新日も含め、オリジナルの情報を再現するように努めました。
リンク(順不同)

すべての記事を表示する
最新記事の RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。