スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回の特別は特別編です! (前半)


[広告 ] VPS
今回の番組は、某ゲーム会社の社内に設けられたスタジオで収録しています。
前作以降、放送は不定期ながら続いていましたが、両出演者が顔を合わせたのは今回が初めてです。

両出演者は、テーブルをはさんで向かい合わせに座っています。
リスナーの投稿コメントをチェックできる小さなモニターが、それぞれ1台ずつ設置されています。

放送には、番組プロデューサーとディレクターのH、ミキサーとしてかり出されたゲーム会社の社員が立ち会います。
立会人のセリフはありませんが、出演者がその指示に返事をしてしまうことがあります。

当作でのゆみは、連日の収録で疲れていたらしく、普段ならセーブできるところも止まらず、……言ってしまうという設定です。
対してみずかは、いつもと異なる状況に緊張しているのか、口数が少なく、口調もややぎこちなくなっています。
それをゆみが引っ張って、結果バランスが取れた放送(?)になっているという感じです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

くすや・ゆみ
トークのテンポを落とさないよう、常に気を配っている。
下品なネタに耐性があるが、Hのときは淑女らしい。
サービス精神旺盛な性格。

あいわ・みずか
トークについては受け身がち。
それは本人も自覚しており、改善したいと思っている。
声質のせいで周囲からはボケだと思われているが、実はドの付くS。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

※説明文 声に出さないでください。間の指示がない場合でも、必要だと感じたら入れてください。
(指示) アドリブで作っていただく音です。

複数の読み方がある漢字は、どうしても読み方を固定したいところは開いたり、カタカナにしたりしましたが、「男性のリスナーの方(かた・ほう)が多いので」など、音として自然に聞こえればどちらでも……、と思ったところは漢字のママにしています。

言葉に詰まるところ、「はい」と「(笑)」は多めに入れてあります。
多すぎると思ったら、無視してください。

「キャラが崩れている」と思われた部分などはザックリ変えていただけるとうれしいです。

前作の声をなぞることよりも、掛け合いのテンポ重視の方向で調整していただけると、もっとうれしいです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

※特別編(前半)
※設定上、ここはまだ放送に乗っていません。



ゆみ 「アクセント、イントネーションね……。『××園』とか『石けん』とか。普通の言葉ほど、間違って覚えていると、ね。直すのは難しいよね」

みずか「最近では、『服をその場に置く』が言えなくて、ショックでしたね……。逆に、普段は使わない、特殊な、……エッチな言葉は、間違わないですね」

ゆみ 「うん。普段使わない言葉ほど、きちんと調べるからね~」

みずか「ですね」

ゆみ 「その辺はもう、このお仕事を続ける限り、一生勉強だよね。……みずかももし、ワタシの発音が辞典と違うことに気付いたら、言っていいからね? 私も、気付いたら都度言うようにするし。辞典が百パー正解ではないけれど、調べるクセを付けるのは、プラスになるはずだからね」

みずか「判りました」

ゆみ 「他の人だと、角が立つこともあるけれど。私たちは、教えあっていこう?」

みずか「はい。……あの」

ゆみ 「うん?」

みずか「いつもいろいろ教えていただいて、ありがとうございます」

ゆみ 「ん~。(笑)照れるね」

みずか「いつか直接お会いして、きちんとお礼を、感謝の気持ちをお伝えしたいって、ずっと思っていたんです。……今日、やっとそれがかなって、良かったです。……うれしいです」

ゆみ 「そっかー。……でもね? 人に何かを教えるのは、自分のためにもなることだから。……だから、こちらこそ♪ って感じかな」

みずか「自分のためにも?」

ゆみ 「うん。だからさ。お手本をやってみせるのも、自分でちゃんとできているのかな? っていう、チェックにもなるのね。初心を思い出す――、普段も忘れてはいないつもりだけれど。そういう、刺激みたいなものもあるし」

みずか「そうなんですね……」

ゆみ 「前はできなかったことが、いまは自然にできるようになった。じゃあ、いまできないことは何だろう? 次に進むためには、何から手をつけたらいいだろう……? そういうのを常に考えて、次に進む方向を決めて。一歩一歩、ね。そうやって、少しでも前に進まないと、後から後から追い越されて……。そういう、やる気の燃料みたいなものも、みずかから刺激を受けて、た~くさん、もらっています。だから、こちらこそ、ありがとう」

みずか「……はい」

※食い気味と言わせれば済む話ですが、諸般の事情で避けています。
ゆみ 「話し方の練習は、これで良いかな? 念のために、再確認ね。今回の放送では、聞きやすさを考えて、……古い考え方かも知れないけれど。女の子が普段しているような話し方、次々と上からかぶせていくような話し方は避けて、……いまできていたから。もう、マスターできたね?」

みずか「声が重ならないように、ですね」

ゆみ 「うん。こう……、切って、切って。いつもは中継のタイムラグがあるから、意識しなくても自然にそうなっていたのだけれど。今日は違うからね」

みずか「……大丈夫です」

ゆみ 「うん。……さて。本番の時間が近づいてきたから……、ちょっとトイレ、済ませてくるね。みずかはどうする?」

みずか「放送中に、行きたくならずに済むように、ですね?」

ゆみ 「うん、まぁそういうこと」

みずか「では、ご一緒します」

ゆみ 「(笑)学生時代を思い出すなぁ」

みずか「女の子は、連れションですよ」

ゆみ 「連れション言うなし(笑)」



※放送開始。
※両出演者とも、テンションは高め。



みずか「あいわみずかです!」

ゆみ 「くすやゆみです!」

みずか「よろしくお願いします」

ゆみ 「ハイよろしくお願いしま~す♪」

みずか「さっそくですが」

ゆみ 「はい」

みずか「ゆうちゃんは最近、何かありましたか? お仕事以外で」

ゆみ 「私は、……あんまりなかったですね。みずかちゃんは?」

みずか「ワタシも、あんまりなかったです」

ゆみ 「あんまりなかった二人でお送りしま~す♪」



※BGMスタート。(以降、BGM関係は省略)



みずか「今回の特別は特別編です!」

ゆみ 「(笑)今回の『放送』は特別編です!」

みずか「あああ……。ごめんなさい、編集お願いします!」

ゆみ 「生放送です!」

みずか「――とッ、という風に、アクシデントが発生するので、生放送は怖いですよね?」

ゆみ 「まぁねぇ。本番前は普通に言えていたことでも、いざ本番になると、口が回らなくなることが、ね。ありますからね」

みずか「はい」

ゆみ 「(笑)頑張ろう。前を向いていこう」

みずか「はい」

ゆみ 「みんなもコメントで、ね。あの、熱い応援メッセージが」

みずか「ありがとうございます!」

ゆみ 「では……」

※台本に戻って。
みずか「何が特別なのでしょうか?」

ゆみ 「まず、一つ目は!」

みずか「一つ目の『特別』は!?」

ゆみ 「アーカイブ配信があります!」

みずか「うっかり、生放送を聞き逃してしまっても、今回は安心ですね。……そして、二つ目の『特別』は?」

ゆみ 「みんなはまだ、気付いていないようですが!」

みずか「何と」

ゆみ 「何と。……一つ屋根の下~!!」

※テンションをやや下げ、名刺交換するビジネスマン風に。
※所属事務所の名称が未設定のため、不自然なあいさつになっている。
みずか「改めまして、こんにちは。『あいわみずか』です。よろしくお願いします」

※初対面かつ営業スマイルな感じで。
ゆみ 「『くすやゆみ』です。こちらこそ、よろしくお願いします」

※元のテンションに戻る。
みずか「ゆうちゃん、会いたかったよ~!」

ゆみ 「私も会いたかったよ~! ――せーのっ」

※編集して二人の声を重ねます。
みずか「がしっ」
ゆみ 「がしっ」

みずか「いまのは抱き合った音ですね」

ゆみ 「(笑)すっごい勢いで抱いたね、いま」

みずか「愛情の深さですね」

ゆみ 「でも何か、ヘンな感じだよね~」

みずか「ゆうちゃんとは、お付き合いは長いのですが。実際にお会いするのは、今日が初めてですよね」

ゆみ 「全然、そんな感じはしないけれど。あ、コメント、『おめでと~』って、たくさん。ありがとうございます~」

みずか「ありがとうございます♪ 『お幸せに~』って、結婚はしていませんよ? 結ばれてないですよ? 私たち」

ゆみ 「そこはホラ、みんなが誤解するくらい、仲が良いということで」

みずか「……本当にもう、ゆうちゃんにはいつも良くしていただいて」

ゆみ 「いえいえ、こちらこそ~。でも、やっと夢が叶ったよね♪」

みずか「いつか一緒に、同じところに集まって、放送したいね~って。ずっと言ってたんですよね」

ゆみ 「なかなか、スケジュールが合わなくてねぇ。……みずかちゃんが売れっ子過ぎて、スケジュール調整が大変で」

みずか「いえいえ。それを言うなら、ゆうちゃんの方が……」

ゆみ 「いえいえ」

みずか「いえいえいえ」

ゆみ 「(笑)話が進まない」

みずか「進みませんね」

ゆみ 「ということで!」

みずか「はい」

ゆみ 「二人はいま、一つのスタジオに入って、テーブルをはさんで、向かい合わせで座っております」

みずか「はい」

ゆみ 「このスタジオは、普通のスタジオとは、立地が少し違いまして」

みずか「はい。違いますね」

ゆみ 「ゲーム会社の中にあります!」

みずか「いつもは、ゲームのボイスを収録しているスタジオです」

ゆみ 「私たち声優のほかにも、社員さんもボイスを録ったり、たまに歌われたりもするそうですね。ゲームのBGMとかで」

みずか「放送前の打ち合わせのときに、『ボクあのゲームで歌ってるんですよ~』って、いま音量の調整などをされているスタッフの方が、教えてくださって……」

ゆみ 「ね。あの、某レースゲームで」

みずか「ねー。ビックリしましたね~」

ゆみ 「そして!」

みずか「はい」

ゆみ 「どうしてゲーム会社さんのスタジオから、番組をお送りしているのかといいますと」

みずか「はい」

ゆみ 「私が一昨日、昨日、今日と。あるゲームのボイスを、このスタジオにこもって、収録させていただきまして」

みずか「そのあと入れ替わりに、私が明日から、ゆうちゃんと同じゲームの、別のキャラクターで収録の予定がありまして」

ゆみ 「みずかちゃんと日は重ならないけれど、同じスタジオで録るんですよ~って、この番組のディレクターさんにお話したところ。ディレクターさんが、何と。大人の力を使って」

みずか「大人の力?」

ゆみ 「書類を書いて、関係のある方に頭を下げて」

みずか「まさしく、大人ですね」

※リスナーのコメントに返事をしています。
ゆみ 「すみません、コメントで、ゲーム会社さんの名前は書かないでください。まだ情報公開されていないので……。解禁になり次第、番組でもすぐにお知らせいたしますので。――で」

みずか「はい」

ゆみ 「ゲーム会社さんのご厚意もありまして」

みずか「ありがとうございます!」

ゆみ 「こうして、――ね? 一つ屋根の下で」

みずか「ハイタッチができる距離で」

ゆみ 「ね~♪ テーブルをはさんで、互いに見つめ合いながら、番組をするという……」

※番組ディレクターの指示に、返事をしてしまっている。
みずか「はい、第一印象ですね? ゆうちゃんの第一印象は――」

※謎のプレッシャーをかすかに感じさせる。
ゆみ 「思ったとおりに言ってください。思った通りに」

みずか「はい。思った通りに。……ゆうちゃんはですね。イメージ通りでしたね」

ゆみ 「ん? どういうイメージだった?」

みずか「声のイメージ、そのままでした」

ゆみ 「ん~」

みずか「ひと目見て、あっ! この人だ! って思いましたね」

ゆみ 「うん? 前に写真、見せたことあるよね?」

みずか「あっ、そうですね……」

ゆみ 「(笑)逆に、私から見たみずかちゃんはね」

みずか「……どうでしょう?」

ゆみ 「一家に一人、あいわみずか」

みずか「え~!?」

ゆみ 「一緒に暮らせたら、楽しそうだな~って」

みずか「あっ、はい。ありがとうございます」

ゆみ 「(笑)一緒にお料理したり……。その前に、今日の番組が終わったら、一緒にごはんを食べに行く約束をしておりまして」

みずか「焼き肉ですね!」

ゆみ 「夜にね」

みずか「お昼ごはんが先ですよね。もうおやつの時間ですが」

ゆみ 「さて。焼き肉といえば、特に女性は、ニオイが気になるところですが。服や髪にニオイがついてしまうと、なかなか、ね。面倒なのですが。さっき聞いてビックリしました。――はい」

みずか「ニオイ対策グッズを一杯持ってきましたから、大丈夫です!」

ゆみ 「どこまで気合い入れてきたんだこの子は」

みずか「ホテルに帰ってから、ワシワシってシャンプーもしますし。それに、スタジオ用の、強力なニオイ取りも買ってきました!」

ゆみ 「スタジオに消臭剤持ってくる声優って、初めて見た……」

みずか「ゲーム会社さんの許可も取っています。あそこに置いてある黄色いのが、あれがそうです」

ゆみ 「……え~と、何だろう。凶器になりそうな大きさ?」

みずか「見た目は大きいのですが。意外と、軽いんですよ?」

ゆみ 「へぇ、そうなんだ? ……あ、コメントの方、商品名当てクイズ大会みたいになっていますが」

みずか「正解もありましたね」

ゆみ 「当たっても、何も出ませんからね? はーい、においトークはこれくらいにしましてー」

みずか「はい。そして、三つ目の『特別』は?」

ゆみ 「レギュラーコーナーはお休みしまして。その時間も使って、質問コーナーを拡大版スペシャルでお送りします! ……オープニングでもう、結構時間、使っちゃったけれど」

みずか「(クスクスっと笑う)」

※最後の、ザンっ♪ は効果音の代わり。
ゆみ 「しかも! 質問の内容も、いつもとは違います! 題して――、ザンっ♪」

みずか「『お答えできない質問』にお答えしちゃいます♪」

ゆみ 「はーい。普段の放送では、というかおそらく他の番組でも、採用されることなくスルーされるタグイの質問に、無理やりお答えしてしまおうという、実験企画で~す!」

みずか「ただし、私たちではない、別のキャラクターがお答えします」

ゆみ 「最初の話では、質問の内容そのものではなく、何故お答えできないのか? その理由を説明する企画だったのですが、変えました」

みずか「そうですね」

ゆみ 「番組が、カタくなりそうでしたので……」

※番組ディレクターの指示に、返事をしてしまっている。
みずか「はい。それでは、コーナースタート!」

ゆみ 「――で。質問をご紹介する前にですねぇ。くじを引きましょう。……こちら。コンビニのレジとかでたまに引ける、ね。あの、真四角の箱ですね。くじの入った紙製の箱です」

みずか「このくじセットは、ディレクターさんがお店で買ってきたそうです。こういう、お店で使うグッズの専門店があるそうですよ?」

ゆみ 「知ってる知ってる。食品サンプルなんかも売ってるんでしょ?」

みずか「縦に立っているおソバとか。トップに、おハシが刺さっていて……」

ゆみ 「さっきから、お腹が空いている人みたいだね(笑)」

みずか「二人とも、お昼がまだですからね♪」

ゆみ 「まあ、実際ね。空いておりますけれども(笑)。はい、進めましょう。くじの箱の、上の面に大きな丸い穴が空いておりまして。そこから手を入れて、中のくじを一人一枚ずつ引きます。はいじゃあ、みずかちゃんから。引いてくださ~い」

みずか「はい。引きました」

ゆみ 「三角くじですね。……で、私も引きました。折りたたまれているくじを開くと?」

みずか「A賞です」

ゆみ 「E賞でした。くじ運悪いな~。で次に、テーブルの上に、裏返しに置かれている紙をめくりまして。そこに書かれているキャラに、なりきります」

みずか「なりきって、質問にお答えします♪」

ゆみ 「はい。A賞からね。賞ってヘンだな。……A賞のみずかちゃんは、『ちっちゃくてカワイイ人妻・33歳』です。巨乳だって」

みずか「巨乳人妻?」

ゆみ 「みずかちゃんは、もう声、そのままでいけるよね。もともとの声が、ちっちゃくてカワイイ感じに聞こえるし。――そして私、くすやゆみは、E賞。『長身スレンダー・26歳』だって。……あれ? これも、声質は同じタイプかな? それか、ちょっと低くするくらいで。野太いのはやりすぎだよねぇ?」

みずか「ここ、『美人』って書いてますよ?」

ゆみ 「『長身スレンダー美人』か」

みずか「――なら。私の方が、お姉さんですね」

※ディレクターが、ゆみの方を先輩と設定。
ゆみ 「これ、みずかちゃんが先輩? 私が先輩? ――あ、私が先輩だそうです」

みずか「デビューが早かったんですね」

ゆみ 「それでは、26歳の先輩の気持ちに、なりまして……」

みずか「私は、33歳の巨乳・人妻に……、二人ともアラサーですね?」

ゆみ 「それって、ディレクターさんの趣味? アでも、D賞は『犬・5ヶ月』」

みずか「カワイイ盛りですね♪」

ゆみ 「いや~、憎ったらしいときもあるよ~?」

みずか「……ゆうちゃんゆうちゃん。時計が大変なことに」

ゆみ 「ああ。トーク、盛り上がりすぎたね。もう、このまま最後まで行けそうだけれど」

みずか「ディレクターさんが用意した質問が、ムダになりますからね」



ゆみ 「うん。……では、一つ目の質問」

※効果音の代わりです。
みずか「じゃん♪」

ゆみ 「『最初の質問です。はじめてエッチしたのは、いつでしたか?』って……、すごいのが来たなぁ」

みずか「すごい質問ですね」

ゆみ 「似た質問が来たことはあったけれど。……どこの番組に送っても、スルーされるタイプの質問ですね」

みずか「これは、どういう答えを、求められているのでしょうか?」

ゆみ 「えっ……。『処女です』とか?」

みずか「処女?」

ゆみ 「処女性を求める人って、男性には多いじゃない?」

みずか「そうですねぇ。……でも、いまは人妻なので」

ゆみ 「巨乳人妻ね」

みずか「巨乳……。ゆうちゃんは、初体験はいつでしたか?」

※未経験のパターンも含め、検討中。
ゆみ 「26歳でしょ~? う~ん……」

みずか「私はもう決めました!」

ゆみ 「おっ。じゃあ、みずかちゃんから」

みずか「初体験は、いつだったか? ――夜でしたね」

※ネタ被りを防ぎ、また話を広げやすくするため、みずかの逆をいくことに決めた。
ゆみ 「トンチか。……じゃあ私は、敢えての昼?」

みずか「え、お昼ですか?」

ゆみ 「食後のデザートは、私♪」

みずか「歯を磨いてからでないと、キスは辛いですよ?」

ゆみ 「確かに、食後すぐはないなぁ。味がしたらイヤだし。食べカスなんかあったらもう、速攻別れるレベルだ」

みずか「私も、別れる寸前までいきましたね」

ゆみ 「えっ?」

みずか「えっ?」

ゆみ 「キャラだよね?」

みずか「……、キャラにも、色々あったんですよ」

ゆみ 「あ~。キャラにもねぇ。――はい。いまの質問は、悪い例として、番組で用意させていただいたものですが。同じような質問を実際に送ってしまった、心当たりのある方は。二度とそういう投稿はされませんよう――」

みずか「番組宛のお便りは、パーソナリティが目を通しますからね。お答えできない質問や、ツラい内容などがありますと……、やっぱり、私たちも人間なので」

ゆみ 「テンションは下がるし、……怒って放送するのも、イヤでしょ~? 怒り放送なんて、楽しくないでしょ~?」

みずか「なので、まわりの人に聞けない質問は、避けた方がいいですね。人生相談や、重い話題も。……そういう質問を、得意とされているパーソナリティの方も、いますけどね」

ゆみ 「業界の専門的な話題とか。そういうのはね、まだ良いのだけれど。人生相談はね。正直なところ、お役に立てないかと。……身近で信頼できる、相談できる人を見つけてほしいですね。お手紙やメールだけでは見えない部分も、きちんと見てくれて。その上でアドバイスをしてくれる人の方が、他人の私たちより、……ね?」

みずか「そうですね」

ゆみ 「何か、最初の企画に戻っちゃったね。成りきる……、キャラを切り替えるために、声、思い切り変えれば良かったかな? 変わらない? (笑)これ、難しいよね?」

みずか「……まだ、頑張れます。難しいですが。困った感情も消えませんが」

ゆみ 「そこにチャレンジする企画だったのだけれど、……いや、もう少し、ブッ飛んだキャラでいこう? 常識で考えたら、答えられないから」



みずか「そうですね。静かに壊れたくらいで。……次の質問にいきましょう」

ゆみ 「ハイいきましょう。……『お二人の性感帯はどこですか? 好きな体位は? できれば実演してください』カッコ『レズプレイ』カッコ閉じ」

みずか「これも酷い」

ゆみ 「本当に送ってこられたら、メチャクチャ困るよね。絶対に採用しないし、……名前も覚えちゃうよね。悪い意味で」

みずか「ディレクターさんが、さっきから目を合わせてくれませんね」

ゆみ 「このコーナーの、誰も得をしない質問は、すべてディレクターのHさんによる創作です」

みずか「では、人妻キャラとしてお答えを……」

ゆみ 「頑張れ~!」

みずか「頑張ります。……では。性感帯はありますが、そこをさわられたら必ず気持ちいい、というものではありません。気分や体調にも影響されますし」

ゆみ 「あれッ真面目!?」

みずか「ゆうちゃんはどうですか?」

ゆみ 「ん~私も同じ。だけれども、逆に、男性はどうなんだろう? 男性のものをオモチャで刺激すると、どんなときでも気持ちよ~く、イクものなのかな?」

みずか「えっ、どうでしょう?」

ゆみ 「男性がもしそうなら。自分がそうだから、女性にも当てはめちゃうのかな~って。ふと思ってさ」

みずか「したことがないので……」

ゆみ 「『気持ちいい』って、文字通り、そのまま気持ちの問題っていうのが大きくて。例えば、乗り物酔いで苦しんでいるときに、何かされても、エッチな気分にはならないよね?」

みずか「むしろ怒りますね」

ゆみ 「うん、そうだよね? ……男性の身体のことは判らないけれど、少なくとも私たち女性は、ちゃんとその都度、手順を踏んで攻略してくれないと、本気で感じることはありません。……まあ、イクふりくらいはしてあげても良いかな? というくらいで」

みずか「それなり、の、気持ち良さはありますが。たいていはイカないまま、フリで済ませますね。でも、例えイケなくても、気持ち良ければいいかなーと。それに、……している間は、頭の中が私のことで百パーセントなので。そういうところで、うれしさも感じますからね。なので、イカなくても大丈夫です♪」

ゆみ 「う~ん。本当にイカせようと思ったら、……大前提として、こっちがオッケーのときにね。後顧の憂いがないときに(笑)、一生懸命、ね。してくれて。……身だしなみも大切ですよ? 爪の先まで、清潔感のある……、あ。一生懸命と、乱暴は違いますからね? ……で、不安な気持ちが少しでも残っていると、理性を手放しづらいので。あくまでも安全で、安心できないと。あと、汚いのは絶対にダメ! ……そうやって、心ゆくまでキュンキュンさせてもらって、さらに盛り上げてくれて! それでようやく、どんどんキテーッ!! って感じに、……? よくよく考えると、とんでもなくメンドクサイよね!?」

みずか「(クスッと笑う)そういう風に、ちゃんと盛り上げてほしいですね。映画とかに出てくる、爆弾を解除する人みたいに、ていねいに攻略してほしいです。……自分だけ気持ち良ければいいとか。間違った知識で、乱暴なだけのエッチに終始するとか。そういうのはイヤですよね」

※メタ発言?
ゆみ 「中途半端に聞きかじった知識って、本当に厄介だよね? 知らない人には、教えれば済むけれど。半端に知っている人だと、……間違っているところを正確に指摘するのって、最初から順を追って教えていくよりも、ずっと大変でしょ? それに、そういう人って変なプライドがあって、間違いをなかなか認めてくれないからさ。上辺だけ謝って。いや、謝ってほしいわけじゃないんですって。……しかも結局、間違ったまま押し通そうとするとか。ね。……ん~、完全に間違っていたら、それはそれで、割り切って対応できるけれど。少しでもカスっていると、よけい気になって、もうイッライラするし、集中力も削がれて……。逆に、ピタッと本心を言い当てられても困るっていうか、怖いけどさ。……他人だと、なおさら」

みずか「……エッチの話ですよね?」

ゆみ 「いや~、エッチに限らず? ん~、私たちの、業界に関係する話でもさ。『マルマルって、バツバツなんでしょう?』って、いやいやそれは違いますから、みたいなのが結構あるし。知人の噂話だとなおさらムカ……。そういうのでも、まぁ大人なんで。……昔、業界ネタを扱った作品で、『本当のことをそのままやってもつまらないので、変えました』って、すごい言い訳――、言い切られたことがあってさ。実際そう思って書いたのかも知れないけれど、それにしたって、もうちょっとやりようがあるだろうと。聞きかじったんじゃなくて、実際にソレをやったことがあるのなら、本当に面白いところも十分に知っているはずだし、そこを書けばいいのにって。思うじゃない? もう、内容のあまりの酷さに怒っちゃって、……うん。声優で良かったと思いました。電話で普通に応対しながら、心の中でコンチクショウって(笑)。そのあと色々あってお蔵入りしましたので。あの作品のことかな? と思ったあなた。ソレはハズレです♪」

みずか「本当のことと、ウソのことは、分けてほしいですよね」

ゆみ 「うん。……そう、ね。しっかり取材をして、……もうホント、カスるだけっていうのはね。事故みたいなカスり方をするくらいなら、ハッキリ、フィクションにしてほしい。ウソをつくなら、ちゃんと、すてきなウソでだましてほしい。娯楽作品を標榜するなら、なおさら。ね」

みずか「……また、真面目な話になりましたね」

ゆみ 「……、真面目なトークもできる二人で、お送りしていま~す♪」



みずか「次の質問にいきましょう」

ゆみ 「ハイ切り替えていきましょう♪ 『浮気されたことはありますか?』」

みずか「あります」

ゆみ 「即答!?」

みずか「どんなに謝られても、許せませんでした。自分史上最高に許せなくて。『そのまま頭から地面にめり込んで、地獄へ行け』って思いました。頭にくるとか、悲しいとか、もう感情がメチャメチャに暴走して、プライドもズタズタで」

ゆみ 「うん」

みずか「時間が経ってから、彼との良い思い出もよみがえってきて。許してもいいかな、と思い始めて。そうすると今度は、許すことを考え始めた、彼を求めている自分も気持ち悪くなってきて」

※おろおろしながら。
ゆみ 「あのっ、みずかちゃん?」

みずか「怒りが一回転すると、笑顔のママ、『えいっ♪』って地獄へ突き落とせそうな気持ちになってくるんですよ。でも、自分が直接、手を下すのはばかばかしい。でもでも、もう存在すらも許せない。なので速やかに、自ら落ちてほしいって」

ゆみ 「あ……」

みずか「プライドって、タマゴの殻みたいにカタいんですよ。でも、強く握られると、あっさり、クシャって……」

ゆみ 「ああ、うん。なるほど……」

みずか「そんなマンガを、前に読んだことがあります♪」

ゆみ 「マンガかーい!」

みずか「(クスクスと笑う)はい。外国の昔話を、いろいろ紹介した本で……。マンガでは、細かいところは省略されていたのですが。お話に興味がわきまして、元のお話を探して読んでみたら、そういうお話でした。……結構、怖かったです」

※番組の空気がおかしくなったのを、急いで修正。
ゆみ 「そういうのって、たまにすごく怖いのがあるよね~。……(笑)あーもー、すっごいビックリした! みんなのコメントも止まってたよ?」

みずか「ゆうちゃんはどうですか? 浮気」

※設定年齢を間違えている理由は未設定。
ゆみ 「28歳の長身スレンダーでしょ? 似た体格の女性って少ないから、彼好みのボディーをもつ女性が他に現れる可能性も低いよね? だったら、浮気の可能性も低くならないかな?」

みずか「なるほどー。でも、体格の違いをカバーするくらい、ガンガン押してくる女の子が現れたら?」

ゆみ 「そっか。女性からのアプローチもあるか……」

みずか「他にも、性格が好みとか。料理上手、床上手、……?」

ゆみ 「胃袋をつかんだり、別のをつかんだり?」

みずか「そうして、心が揺れてしまったら……」

ゆみ 「頭を地面にめり込ませて、地獄へ落とす♪」

みずか「……怖い表現ですね」

ゆみ 「いや~。笑顔で地獄へ、突き落とすっていうのも。相当だと思う」

みずか「すごく印象に残っていたシーンなので」

ゆみ 「読みたくなってきたなぁ。そのマンガ」

みずか「確か、私が生まれる前の本でした。……コメントで、タイトルを書いてくださっている方が?」

ゆみ 「え? これ、このタイトルで合ってる?」

みずか「確か、そういうタイトルでしたね」

ゆみ 「えっ。まだ売って――、えっすごい! あ~リンクまで! わざわざ、ありがとうございます!」

みずか「ありがとうございます♪」

ゆみ 「も~、ね。番組終わったらすぐ買おう」



みずか「(クスクスと笑う)、次の質問をお願いします」

ゆみ 「はい。次の質問。『セックスでイったときには、何て言うんですか?』」

みずか「えー……」

ゆみ 「はいそこ、素で引かないでくださ~い」

みずか「はい」

ゆみ 「でも、……これは」

みずか「先輩、お手本をお願いします!」

ゆみ 「えー!? ……長身スレンダー、だから。こう、されながら、照れて、照れて。声を殺して、息が荒くなってくるのも、ムリヤリ我慢して。でもそこだけ、どうしてもこらえきれずに、最後に『――くっ』とかは、どう?」

みずか「萌えですね」

ゆみ 「――よし!」

みずか「強くてプライドの高い騎士様が、怪物にヤられちゃうときの感じですね」

ゆみ 「うん。そういうイメージかも。……じゃあ次は、みずかちゃんの番ね」

みずか「えーと。人妻ですからね」

ゆみ 「うんうん。人妻設定だからね。人妻ならではというのを♪」

みずか「では。『――アッ!! (ハァ、ハァと息づかい)(ふぅ、とため息)ティッシュちょうだい』」

ゆみ 「(笑)いやいや、リアルかも知れないけれども。倦怠期、過ぎない?」

みずか「そうですね。倦怠期を乗り越えるためには、工夫が必要ですね」

ゆみ 「えっ何の話?」

みずか「お家から一緒に出ずに、バラバラに出るんですよ。しばらく時間を潰してから、合流して。お買い物とか、少し遊んで。そのあと、ちょっといいホテルでお食事して、……お部屋へ行きますと」

ゆみ 「うん」

みずか「『――アアッ!! (ハァ、ハァと息づかい)今日のダーリン(息づかい)すごく、……良かったよ♪』と、なりますね」

ゆみ 「わーお。……あ、はい。勉強させていただきました」

みずか「いえいえ♪」



ゆみ 「次の質問です。『お二人の素のあえぎ声は、どんな感じですか?』」

みずか「なるほどなるほど」

ゆみ 「さぁ、みずかちゃん。頑張りましょう」

みずか「はい。私の普段のあえぎ声は」

ゆみ 「人妻みずかのあえぎ声は?」

※普通にやりかけて、すぐやめる。
みずか「あ……、よく覚えていません」

ゆみ 「覚えていない?」

みずか「はい。あの~、エッチのときは、フワフワしているので、あまり覚えていないんです。全体的に」

ゆみ 「それは……、よっぽどうまいってこと?」

みずか「でも、あの。……アノ声は大きいらしいです。なので、ちょっといいホテルへ行ったとき以外は、枕に顔を押しつけたり、手で口を押さえたり……。でも、不思議と息苦しさは感じないんです。ず~っと、フワフワしていて……」

ゆみ 「エッチのとき、首を絞める人がいるって聞いたことがあるけれど、……まぁいいや。(笑)私のあえぎ声はですね! ……こんな大声で発表することじゃないよね(笑)」

みずか「ゆうちゃんのは、さっき発表していましたね。ガマンして、ガマンして」

ゆみ 「あーそっか。はい。最後に『く』ね?」



みずか「ですね。……それでは、次の質問をお願いします」

ゆみ 「はい。次の質問。『ヤリまくりですか?』」

みずか「これは、……『何を』が無いですね」

ゆみ 「え。じゃあ、エッチ以外で――、いや。エッチの話でしょう。この流れだと」

みずか「皆さん。質問にお答えしているのは、キャラですからね?」

ゆみ 「ん、何でいま言うの(笑)? ――で。みずかちゃんは、……人妻設定のみずかちゃんは、アレでしょ? 新婚のときはもう、……ね?」

みずか「ヤリまくりではないです。……あの~」

ゆみ 「うん?」

みずか「結婚前に、同棲していて……」

ゆみ 「はー。じゃ、その間に。お互いにお互いのを、極めちゃったと」

みずか「でも、ヤリまくりではないです」

ゆみ 「うん。そのこだわりが分からないけれど(笑)。じゃあ、どれくらい……、週に何回とか」

みずか「えーっと……、十回くらい?」

ゆみ 「じゃ毎日? ヤリまくりでしょ、それは!?」

みずか「ヤリまくりじゃないですよ!? そんなッ……、毎日なんて、普通じゃないですか!?」

ゆみ 「えっ普通? え、じゃあ、みずかちゃんの考えるヤリまくりって、……どのくらいの頻度で、やるの?」

※半日くらい、つながったまま過ごす。それも週に何度も。というのが、みずかの考えるヤリまくりな人々の生活。
※身近にそういう例があったのか?
みずか「ええと……、半日くらい、つなっ、……ながったママとか?」

ゆみ 「えっ、そういう基準!?」

みずか「えっ違うんですか?」

ゆみ 「――次の質問です」

みずか「ゆうちゃん。ゆうちゃんも、答えないと」

ゆみ 「あ、はい。(笑)……みずかちゃんのあとだと、ちょっと答えにくい。です」

みずか「(クスクスと笑う)あ、はい。もっとですね」

ゆみ 「みずかちゃん? ディレクターさんの指示に、返事をしたらダメだからね?」

みずか「すみません……」

ゆみ 「(笑)え~、さて。生放送ならではのハプニングもあったところで。……いまさらですが。下ネタ自体はともかく、私、生々しいのは苦手なんですよ。意外に思われるかもしれませんが。カラッとしたのはいいのですが、生々しいのはちょっと」

みずか「まだ全然ナマくないですよ?」

ゆみ 「みずかちゃんが本気で生々しいネタに走ったら、私、このスタジオから逃げ出すかも知れない」

みずか「リスナーの皆さんには見えていませんが、さっきから、ゆうちゃんの顔は真っ赤です」

ゆみ 「言わないで! 言わないで!」

みずか「ね。ゆうちゃんは、ピュアな子だったんですね♪」

ゆみ 「あ~も~!」

みすか「ゆうちゃんは、ピュアっ子ですね」

※照れて、焦って。
ゆみ 「わっ私はヤリまくり、ですが。いつまで経っても照れが消えなくて、……内心、気を使わせているなぁって思っていても! なかなか態度を改められず、密かに悩んでいます! はい次の質問!!」

みずか「ゆうちゃんは、……?」

ゆみ 「そこで止まらないで。……ピュア以外、思いつかなかった?」

みずか「はい」



ゆみ 「(笑)次の質問です。『おっぱいについて語ってください。特に、自分のおっぱいについて』」

みずか「胸ですか?」

ゆみ 「ここはね、『おっぱい』で通しましょう。コメントも、ほら」

みずか「おっぱいコールで、盛り上がっていますね……。えーと、おっぱいはですねー。隣の芝生は青い、ですね」

ゆみ 「うん。まぁ、そーね? 大小、かたち、マ色々あるけれども。こう、それぞれ。不満があるよね? どっかにね」

みずか「自分のは、……お肉っぽいですね」

ゆみ 「うん? お肉?」

みずか「一部の男性が言うような、夢や希望は、入っていませんね。……成長する前は、別の夢があったのですが」

※顔について語らない理由は未設定。
※肉塊の本来の読みは、にくかい。
ゆみ 「ん~。確かに、今はね。ただの肉塊、ではないにしても。そこまで、過剰な期待をされてもねぇ。身体の一部だし。自分のはねぇ。……手とか足とかと同じで。同じだけ、大切ではあるけれども」

みずか「全身、大切ですよね」

※一番気にしていることはスルーして、次か、その次くらいから話し始める感じ。
ゆみ 「うん。だから、バストケアもするけれども、二の腕だって気にするし、足の……、かかとの角質とかもさ。……あ。かかとは、男性も気を付けてくださいね? 女性と一緒に寝たいのなら、ケアは必須です! カッタい角質を放置したまま、足を絡めてこられて、ザリってされるとギャ~!! ってなるので。……もう、すぐに叩き起こして、文句を言ってやりたくなるくらい痛いので」

みずか「(クスっと笑う)そうですよね」

ゆみ 「そういう、ね。女性の立場からすれば、おっぱいだけが、特別なパーツ、ではないですね。まぁ、順位は高い方ですが」

みずか「でも、他人のおっぱいなら?」

ゆみ 「たまにねー。自分の中にいるオッサンが、目覚めるね」

みずか「(クスクスと笑う)」

ゆみ 「他人のおっぱいは、すばらしいです!」



みずか「では、次の質問です」

ゆみ 「はい次の質問です。『結婚前に、やっておいた方が良いことってありますか?』」

みずか「別の番組みたいですね」

ゆみ 「うん。でも、いけるところまで……。では、人妻設定のみずかちゃん。どうぞ。……ね。放送を、途中から聞き始めた方のために説明しますが。いま、みずかちゃんは、人妻という設定です。私は『長身スレンダー・26歳』の設定でお送りしています♪」

みずか「33歳の人妻です♪」

ゆみ 「はーい。で。これは……、この質問は、みずかちゃんしか答えられないでしょ?」

みずか「でも、ゆうちゃんも、結婚していない、とは書いてないですよ?」

ゆみ 「あ、そっか。……でも、せっかく二人いるんだから、属性は分けとこう? その方が、バリエーションがさ」

みずか「なるほど」

ゆみ 「では、みずかちゃん。お願いします」

※設問を微妙に間違えて覚えている。
みずか「結婚前に、やっていて良かったこと。……健康診断ですね」

ゆみ 「ブライダルチェック?」

みずか「そうです。それで、結果を交換して。お互いの身体のことを知っておくのは、大切なことです」

ゆみ 「なるほどねー。体質とかも、万一何かあったときに説明できないと――」

みずか「そうですね。あと、使っているお薬も、それを書いてある、手帳の置き場所を決めてあります。保険証も一緒で」

ゆみ 「なるほど」

みずか「他には……、同棲も、ですね」

ゆみ 「それは、理由は?」

みずか「一緒に暮らしてみて、はじめて見えることがあるんですよ。逆に、見られることもありますが」

ゆみ 「うん。具体的には?」

みずか「生活力とか、本当の性格とか。家事は、すごく上手ではなくてもいいのですが、最低限、自分の身の回りのことができるかどうか? 金銭感覚は合っているか? あと、周囲の人との付き合い方とか、……いろいろです」

ゆみ 「そっか。……うん。結婚するなら、一人暮らしの経験がある男性が良いって言うし……」

みずか「二泊三日の旅行でも、急に見えてしまうことってありますよね? 同棲して、何ヶ月も一緒に暮らしていると、そういうことが、もっともっと出てきて。……一緒にいて楽しいかどうかって、とても大切ですよね? 結婚する前に、それを確かめられたのは、良かったと思います」

ゆみ 「なるほどねー」

みずか「……キャラですよ?」

ゆみ 「みずかちゃんってさぁ。シチュエーションの引き出しが、多いよね?」

みずか「演技に感情を込めるために、いろいろ考えるのですが。そういうときに役に立つ引き出しですね♪」



ゆみ 「なるほどー。はい、みずかちゃんの、演技力の秘密の一端が明らかになったところで。次の質問です。『ゲームキャラの下着、ブラジャーやパンティーについて語ってください』」

みずか「ブラジャー……」

ゆみ 「まず、女性はブラジャーとかパンティーって、あまり言わないですね。ブラジャーじゃなくて、ブラ。パンティーじゃなくてパンツ。……この世界に入ってすぐの頃は、そういうセリフに違和感がありましたが。まぁ語尾に、『わよ』って付けてしゃべる世界なので。今は、それは気にしていません。……気にして、ないわよ?」

みずか「えっ。エッチな作品では、雰囲気を大切にしている……の、かしら?」

ゆみ 「(笑)ね。普段とセリフは、違うよね。だから、ブラジャーとかパンティーの方が、セリフとして考えると、かえって自然なのかなって。それともう一つ。女性と男性とでは、言葉の世界が違うんじゃないかな? っていうのもあって」

みずか「ファッション関係では、特に差を感じますね」

ゆみ 「興味のある分野がさ、……まぁパンツの話に戻しますけれども。……えっと。デザインがね。安物っぽい。全体的に。安物すぎて、逆にプレミアが付きそうな感じ?」

みずか「ユーザーさんに、シンプルなものが好まれているのでしょうか?」

ゆみ 「そうそう。実際、そうらしいよ? アンケートとかを見ていると、いかにもな、白ベースのシマパンとか。シンプルな下着の方が、反応が良いんだって」

みずか「そうなんですか?」

ゆみ 「うん。ブランドによって、多少の違いはあるらしいけれど。……まあ、ゲームキャラはね。白い下着でも、白い服でも、ね。問題ないし。透けとか、汚れとか」

みずか「そうですね。……ベンチの汚れも、気にしなくて良いですからね」

ゆみ 「座るときもそうだし。大げさじゃなくて、一挙手一投足にまで気を配らないと。ねぇ? うっかり食べこぼしたら、……イヤ、めったにこぼしませんが。ホントに。……あ~イヤ、シミ抜きが得意になるくらい、やったかな?」

みずか「(クスクスと笑う)お洗濯も、気をつけないといけませんね。一緒に洗った服の色が、移ったりしますし。そうすると、あっという間に台無しになります」



ゆみ 「色柄物とは分けて、ね。さて。この勢いで、続けていきましょう。次の質問です。『固くて長くて太いのがいいのでしょうか?』」

みずか「また……、今度は『何が』が無いですね」

ゆみ 「あホントだ」

みずか「――まず。質問の最後が、『でしょうか』となっているところに、着目します」

ゆみ 「うん?」

みずか「そして、……。どうしましょう?」

ゆみ 「(笑)いや、考えてから話そうよ」

みずか「すみません……」

ゆみ 「じゃあ私からね。長身スレンダー、サバサバ系で。ん~。『アレの具合より、相手が誰かって方が重要なんだ。イイところに当たれば誰のでも良いってわけじゃなくて、……お前じゃなきゃ、ダメなんだ』」

みずか「かっこいい系ですね!」

ゆみ 「まぁでも、実際ね。一緒に居てくれて、構ってもらえればそれだけでもうれしいし。……お付き合いって、一緒に居たいから、するわけでしょ? 結婚することも、『一緒になる』って言うし。……だから。すごい勢いでヤって、自分だけ満足したら後はポイって、そんな人は、いくらアレがアレでも御免っていうか……。ねぇ?」

みずか「それだけではダメですよね」

ゆみ 「ダメだねぇ。……じゃ~この勢いで、みずかちゃんもどうぞ!」

みずか「では、逆で。……えと。『今日は少し、疲れているのかな……? まずは、お胸でじ~っくり、してあげるね? 大丈夫になったら、……入れたまま、だっこしてもらおうかな? キスも、い~っぱいしようね? 元気がなくても、好きな人のなら、いいんだよ? ……ね?』」

ゆみ 「わーお。逆でも全然OKだね!」

みずか「ふぅ。できました」

ゆみ 「(笑)みずかちゃんは、ね。時間があればできる子」

みずか「時間があればできる子です♪」



ゆみ 「はい。次の質問です。『エッチなゲームでは、固くて長くて太いのが、奥まで届いてる♪ などと実況するヒロインがいますが、よくよく考えてみると、おかしくありませんか?』」

みずか「そう言われると、おかしいですよね……?」

ゆみ 「まあね。いかにもお芝居ですって感じで……、まぁお芝居だけれども。あの、エッチシーンのキャラがみんな無我夢中で、うわごとみたいなセリフしかないのも、ね。困りますし」

みずか「いわゆる、様式美ですね。歴史の積み重ねがあるんですよ、きっと」

ゆみ 「業界の歴史が、ね。濃縮されて……。あ。ヒロインがああいうことを言うのは、バトルもので、キャラが技の名前を叫ぶのと、同じなんだって」

みずか「そうなんですか?」

ゆみ 「うん。前に何かで読んだのだけれど、……解説してくれる人がいないから、ヒロインが自分で言うんだって。『いま中に出されたら、イッちゃって、堕ちちゃう~』とか、そういうのも」

みずか「なるほどー」

ゆみ 「ゲームのヒロインたちは、プレイヤーさんにエッチな気分になってもらおうと、いろいろ、頑張ってエロいことを言うんです。だから、あまり飛ばさないでください」

みずか「(クスッと笑う)」

ゆみ 「エッチなゲームだと、逆に、女の子にエッチな言葉を無理矢理言わせようとするのも、ね。定番のネタのようになっていますが。あれも演出ですね。リアルに、あのときにそんなことを強要されたら、すごく冷めそうというか……」

みずか「そういうのが好きな人同士なら良いのですが。イヤなものを押しつけるのは、ダメですよね」

ゆみ 「うん。ゲームと現実は別。これはねぇ、テストに出ますね。男性の方は気をつけてください。テストに不合格になると、別れを切り出される恐れがあります」

みずか「ですねー。……エッチなゲームのセリフには、独特の難しさがありますよね? あえぎ声の長さや強さも、台本の通りにやらないと……」

ゆみ 「うん。ホントそう。ゲームのセリフって、……あえぎ声にしても、もう本当に、台本通りにやるんです。あえぎ声の文字数まで気にして、正確になぞるんです。さらに、あえぎ声なら、最初から最後まで同じペース、ということは無くて。少しずつ声が漏れ始めて、スピードが上がって、切羽詰まって、フィニッシュ! って感じに、変えてやらないといけなくて。キャラクターの性格によっても当然、変わってきますし。同じキャラでも、経験を積むことで大胆になるとか。ね。成長、変化が起きたりしますし。……クライアントさんによっては、音声データの容量を切り詰めるために、最低限ツボを押さえつつ極力、短めにしてくださいとか。システムの都合で、長めのセリフを、途中で何回か切ってくださいとか。……連続したセリフは、キーや……、声の高さやスピードも合わせないと、ちゃんとつながらないので。そういうところでも気を使います。ゲームのボイスでは、他にもループ……、繰り返し繰り返し、つなぎ目が判らないように、無限にあえぎ声が続くような仕組みを入れるので、それを意識して演じてくださいとか。いろいろ、ご要望をいただくこともありまして。今度機会がありましたら、よく聞いてみてください」

みずか「本当にエッチな気分だと、計算して、収められませんよね」

ゆみ 「ねー。もう全開であえいでいても、心は冷静っていう」

みずか「真顔で」

ゆみ 「(笑)顔は見られたくないなぁ」

みずか「なので、ゲームのボイスを収録するときは、スタッフさんには背中を見せていますね」

ゆみ 「アニメのアフレコでもそうだけれど。ね。舞台は逆に、お尻を見せないように」

みずか「そうですね」



ゆみ 「そして、――はい。次の質問。『レイプ願望はありますか?』」

みずか「レイプは……。キャラとしてお答えするなら、あると答えた方がいいのかなーと思いますが……」

ゆみ 「うーん。無いって、言い切っとこうか?」

みずか「ですね。無いですね」

ゆみ 「はい。完全に! 無いです。……レイプって、要は暴力ですよね? 体格差、筋力の差で押さえつけられて、精いっぱいの抵抗も効かなくて、もう怖くて怖くて、意識では拒絶しているけれど、それに関係なく身体を犯されて。心と身体を無理矢理、バラバラにされるっていうのは、――最悪です。……何だろう。虫歯治療の痛みが全身に回って、心にも身体にも、深いところまで傷が……。えーちょっと言葉になりませんが。うまく、説明できませんが、とにかく、酷いことです。好きこのんでそんな、酷い目に遭いたいなんて。あり得ませんね」

みずか「普通にエッチされても良いかな-と思う人が相手でも、レイプされたいというのは無いです。本当に」

ゆみ 「うん、まあ。力強く、ね。じゃれ合いの延長で、あくまで遊びの範囲で。ごっこ的なのはアリかも知れないけれど。あぁもちろん、そういうパートナーとね。関係も構築済みーの、お互いに気心の知れた感じのー。えーと、安心して身体をまかせられる、……ね?」

みずか「それでも、いつでもいいということは、無いですね」

ゆみ 「ないねー。……あのねー。せっかく構築した関係が、壊れるくらい危険な行為です。下手をすると、一生ものの傷になります。世のすべての男性が怖くなってしまって、……そういう、ね。痴漢もそうですが、本当に、軽く考える人が多くて……」

みずか「そういうのは、フィクションの中だけにしてほしいですよね」

ゆみ 「うん。ホントそう。そういう欲望をもつなとは言えないけれど、ね。フィクションの世界で発散してください。本当に。お願いします」

みずか「くれぐれも、よろしくお願いします」



ゆみ 「はーい。それでは……。『結婚してくれますか?』」

みずか「ええっ!? ――はい!」

ゆみ 「(笑)いや、はいじゃないでしょ!? 人妻設定だから!」

みずか「あ、はい、そうですね」

ゆみ 「え、どうしたの?」

みずか「あの~」

ゆみ 「うん?」

みずか「……お腹が鳴りそうなのを、ガマンして~」

ゆみ 「(大笑い)」

みずか「ごめんなさい! あの、マイクを切るスイッチがなくて」

ゆみ 「あ、そっか。このスタジオには……、(笑)あーおかしぃ♪」

みずか「ゆうちゃん、笑いすぎですよっ」

ゆみ 「いやー、はい。ごめんなさい。……はい。放送局とか、ね。こういうスタジオにはたいてい、手元にカフっていうスイッチが用意されておりまして。咳払いとか、入ったら困る音は自分で切れるようになっているのですが。いま放送しているゲーム会社さんのスタジオは、元々ひとり用で。放送のために急遽マイクを増やした関係で、……(笑)」

みずか「(クスクスと笑う)大勢が集まって収録をする、アニメの現場は別ですが」

ゆみ 「外画とかもね。はぁ。こないだの鼻息放送に続いて、お腹グウ放送ですね」



みずか「(クスッと笑う)さて。そろそろ、終わりの時間ですね」

ゆみ 「というわけで」

みずか「はい」

ゆみ 「いくつかの質問に、お答えして参りましたが」

みずか「はい」

ゆみ 「か~なり厳しかった。番組として成り立っているのかどうか、微妙なラインだと思う」

みずか「かなり無理目でしたね」

ゆみ 「キャラを立てるとか、そこまで行かない」

みずか「もう少し、頑張れると思っていたのですが」

ゆみ 「まぁ、この番組らしさは出たと思う。……思おうよ?」

みずか「はい、思いましょう」

ゆみ 「リスナーの皆さんも、思ってください(笑)」

みずか「よろしくお願いします♪」

ゆみ 「(笑)さてさて~。今回の特別編も、そろそろ終了でございます」

みずか「皆さん、お楽しみいただけましたでしょうか?」

ゆみ 「次回の放送は、……まだ放送日は未定ですが。そんなにお待たせせずに、結構早くできると思います」

みずか「次回は収録の予定です。コメントでの番組参加はできません。ごめんなさい!」

ゆみ 「次も、今回と同じくらいのテンションでお届けすると思います」

みずか「そうですね」

ゆみ 「ぶっちゃけ二本ドリです」

みずか「言っちゃいましたね♪」

ゆみ 「言っちゃいましたね~」

みずか「お昼ごはんを食べたら、すぐの収録です」

ゆみ 「焼き肉は二本目の後です! ……それでは!」

みずか「それでは、またお会いしましょう!」

ゆみ 「そんなわけで、皆様のお相手は?」

みずか「『あいわみずか』と!」

ゆみ 「『くすやゆみ』でした! ――せーのっ」

※二人の声が重なりません。
ゆみ 「またね!」
みずか「またね!」

ゆみ 「ズぅレぇたぁ~!?」

みずか「ごめんなさい!」

ゆみ 「何、何いまの!? どこにずれる要素が?」

みずか「あのっ、しゃっくりが出そうになって」

ゆみ 「(大笑い)」

みずか「本当にごめんなさい!」
関連記事

1ページに表示される記事数の制限について

1ページに3つ以上の音声(動画)を貼り付けた場合、環境によってはページの表示に異常な時間がかかったり、音声(動画)が表示されない現象が確認されております。
当面の回避策として、1ページに表示される記事数を2つまでに制限させていただいております。
なお、音声(動画)の表示が省略されるページについてはこの限りではありません。

メッセージを送られる方へ

お送りいただいたメッセージは必ず拝見させていただいておりますが、すべてにお返事を差し上げることができません。誠に申し訳ございません。
またスパム対策のため、いただいたメッセージは第三者へは公開されない設定とさせていただいております。何卒ご了承ください。

FC2動画のコメント スパムだけでも、結構な負担が……。

今後の予定

新規コンテンツの追加はお約束できませんが、準備中の作品がいくつかありますので、そのうち公開するかも知れません。

今後の予定 (Texpo.)

「テキスポ (Texpo.)」へテキストを再登録することも考えましたが、再登録時に他のアカウントで登録されたコンテンツへ影響を及ぼした事例が報告されていたこともあり、データの残骸を削除した上でリセットいたしました。今後については未定です。

「イタズラ妖精とエロエロ魔法使い」のメモ

ところで、「人間にひとつ『心からの幸せ』を与えられたら、それをもって成人したと認める」というのは二通りの解釈が可能ですね。

「すみません。結局、ノーパン社会を実現することはできませんでした。」の紹介

ユニークな持論を展開する元男性のひとりごとがメインの表題作ほか、短編を収録。

「狙われた研究所員のDNA ~テロリストに犯される研究員たち~」について

ある研究所が、女性のみで構成された正体不明のテロリストに急襲され、あっけなく占拠されてしまうというお話です。彼女たちの目的は、優秀な研究員の遺伝子を採取し、本国へ持ち帰ることだというのですが……。そもそも事件発生から4時間以内にテレビ中継が可能な場所にある普通の建物で、1週間近くも籠城するのは無理っぽい。武器や装備に関するあれこれとかも超ご都合主義。脱出ルートの確保も絶望的で、科学考証も考えるだけムダという酷さ。だいたい、作中で使われている「遺伝子」という言葉も使い方からしておかしい。なぜ精子と卵子に執着するのか。その割に、現地で適当に掛け合わせて受精卵をつくっているような描写もあるし。……まあ、エロい言葉を並べておけば目的(?)は達成できるかな、とか。
お気に入り(ブクマ)に追加

QR
シリーズ別まとめ
  1. 激痛.com のイメージ キャラクターを使った Web マンガ (2)
  2. イタズラ妖精とエロエロ魔法使い (7)
  3. 妄想日記/臼見ヤコ (4)
  4. 妄想日記/人形目覚まし (10)
  5. 狙われた研究所員のDNA ~テロリストに犯される研究員たち~ (5)
  6. 処女ののの (2)
  7. ネットラジオのようなアレです。 (3)
  8. 短い9景 (2)
  9. 未分類 (10)
最新記事
検索
このサイトについて
NIVOSIdE 名義で「テキスポ (Texpo.)」サイト上にて公開していたテキストがシステム障害により失われたのを受け、急遽開設したミラーサイトです。
最終更新日も含め、オリジナルの情報を再現するように努めました。
リンク(順不同)

すべての記事を表示する
最新記事の RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。